かん・ちゅう・あじあ2ちゃんまとめにゅーす:芸能 - livedoor Blog(ブログ)

芸能

  • 【フジ、終わりの始まり】 “ヤラセは本当だった!” フジテレビ「ほこ×たて」の放送取りやめを発表…事実上の打ち切り
  • 【マスコミ】 NHKの松本正之会長、続投に意欲か…「偏向報道」の批判打ち消しに躍起
  • 【今まで集まったお金は返さないの?】父親が遭難した俳優斎藤ヤスカさん、ブログで募金呼びかけ 県警から注意され一転中止へ
  • 【早急にパチ税導入を】パチンコ人気の落ち込み止らず・・・パチンコ機の市場規模は4期連続のマイナス成長 7729億円に
  • 【訃報】桜塚やっくんが交通事故死 37歳

1:2013/10/24(木) 21:52:35.03 ID:
フジテレビは2013年10月24日、バラエティー番組「ほこ×たて」の27日以降の放送取りやめを発表した。
報道各社にファクスを送った。
理由については、20日放送内容の1コーナーで「収録の順番や対戦の運営方法について、
不適切と思われる演出が確認されましたので」と説明している。今後は事実関係を調査するとして
「信頼にお応えできると判断するまで、当面放送は自粛する」という。

23日には、ラジコンカー世界王者の広坂正美氏が20日の放送内容にヤラセがあったとする
「告発文」をインターネット上に公開。広坂氏は「スナイパー軍団VSラジコン軍団」のコーナーに
出演したが、「全くの作り物」だったとして怒りをあらわにしていた。
J-CAST http://www.j-cast.com/2013/10/24187144.html

 フジテレビは24日、バラエティー番組「ほこ×たて」で収録の順番や対戦の運営方法について
不適切と思われる演出が確認されたとして、同番組の放送を当面自粛すると発表。
 事実上の打ち切りとなった。

 同社によると、問題視されたのは20日放送のスペシャル版。高速で動き回る無線操縦模型を
銃で撃ち抜けるかどうか、操縦者3人と狙撃者3人が対決した。

 放送後、操縦者の1人が、〈1〉実際に行った対決の順番を変えて放送した〈2〉対決の一部は
狙撃手側のルール違反もあり中止になった――などとする文書をインターネット上に掲載。同局が調査していた。

 この対決は、番組制作会社の40代男性ディレクターが担当。それを基にディレクターが映像を
編集していた。編集された映像は、同局プロデューサーがチェックしていたが、おかしな点は
なかったという。しかし、調査に対し、ディレクターが映像を入れ替えたことなどを認めた。

 同社では、27日の放送を取りやめたうえで、今後の放送も自粛。全放送回で内容を確認する。
同社広報部は「視聴者の皆様、ご協力いただいた出演者の皆様に迷惑をおかけし、深くおわびします。
今後、調査を続けるとともに、再発防止に努めます」などとコメントしている。
読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131024-OYT1T00954.htm

前スレ: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382614625/
★1 2013/10/24(木) 19:21
続きを読む

1:2013/10/14(月) 22:44:17.44 ID:
★NHK会長、続投に意欲か 「偏向報道」打ち消しに躍起

来年1月に任期が切れるNHKの松本正之会長(69)が、政財界からの「NHKは偏向している」といった批判の打ち消しに躍起になっている。
今夏には松本氏の指示で、原発問題や領土問題で公平・公正を守るNHKの報道姿勢を明文化した対外資料を初めて作成。
松本氏の動きについて事実上の「続投意欲の表明」との観測も広がっている。

「放送の公平・公正について」と題したA4判の資料では、「(公平・公正を)原則として、個々の番組でとる努力」の必要性を強調。
原発問題について「特定の立場に立つようなことはあってはならない」、尖閣諸島(沖縄県石垣市)、竹島(島根県隠岐の島町)問題については
「日本の領土であるとの立場を明確にし、機会あるごとに日本の立場を発信」するとしている。

松本氏はこの資料を幹部に配って徹底を呼びかけ、会長任命権を持つ経営委員会や、政府関係者への説明にも活用しているという。

「公平・公正」は放送法で義務づけられているが、松本氏が改めて「原則」をアピールするのは、会長人事に間接的な影響力を持つ政財界から
「NHKは反原発報道に偏っている」「人事・賃金改革だけで、抜本的な改革が不十分」といった批判が出ているからだ。

松本氏は平成23年1月、JR東海副会長からNHK会長に転身。受信料値下げや、給与削減を含む賃金改革に着手する一方、
経営計画にある放送とネットの連動、国際放送強化は「本気度が見えない」(経営委員)といった声も上がる。

松本氏は8月、「不満」に反応するように理事にネット連動を推進するよう指示。続投意欲は明言していないが、
NHK幹部は「自身の評価を落とすような“誤解”を払拭したいのだろう」として、続投に向けたアピールとの見方を示す。(>>2-3へ続く)

産経新聞 2013.10.14 21:48
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131014/ent13101421500004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131014/ent13101421500004-n2.htm
続きを読む

1:2013/10/14(月) 20:15:28.97 ID:
★父遭難の俳優ブログで募金 県警注意で一転中止

 新潟、群馬県境の巻機山(1967メートル)で、新潟県南魚沼市のアルバイト斎藤茂勝さん(56)が
行方不明になり、長男で俳優の斎藤ヤスカ(26)がブログで捜索費用を集めようと募金を呼び掛けたが、
県警から注意を受け、14日までに中止した。

 公式ホームページによると、ヤスカは劇場版「テニスの王子様」や特撮ドラマ「轟轟戦隊ボウケンジャー」などに出演している。

 南魚沼署によると、斎藤さんは10日に1人で入山。11日午後5時40分ごろ、
自宅マンションの管理人から「帰ってこない」と署に連絡があった。

 ヤスカは12日午後9時すぎ、父の遭難について捜索の態勢や状況をブログに投稿。
「警察と消防のみでは動員できる人数に限りがある」「10人の捜索チームで1日50万円程度かかる可能性がある」
「民間ヘリはさらなる費用が重なる」などと書いた。

 その後、署から捜索情報の取り扱いなどで注意を受けたとみられ、13日には「捜索の詳細は公表しないことにした」
「過度の集金を防ぐために、ただいま募金は停止しています」と書き込んだ。

 12日の時点では「父の命を救う為に皆さんの力をかしてください。たった一人の父にとって、
斎藤ヤスカが、ヒーローであり続ける為に」と書き、ファンとみられる人々から「10万円振り込んだ」
「1千万円振り込みます」などの返事が相次いでいた。

 新潟県警は14日もヘリを飛ばすなどして捜索を続行した。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/10/14/kiji/K20131014006810491.html
続きを読む

1:2013/10/11(金) 08:01:16.46 ID:
 
矢野経済研究所は9月24日、「2013年版パチンコ関連メーカーの動向と
マーケットシェア」の発刊に伴い、調査結果サマリー「パチンコ関連機器市場に
関する調査結果2013」を発表。同調査は今年4月~7月までの4カ月間実施され、
調査対象は遊技機メーカー、周辺設備機器メーカー等。同社専門研究員による
直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用して行われた。

 同社によると、2012年度のパチンコ関連機器の市場規模はメーカー売上金額ベースで
1兆3772億円。前年度比101%、132億円のプラス成長と辛くも前年度と同等の市場規模を維持している。

パチンコ機市場は同93.5%の7729億円、パチスロ機市場は同114.7%の4300億円となっており、
4期連続のマイナス成長に加え、2013年度以降も復調の兆しが見られないパチンコ機市場に対し、
2012年度初頭から回復が鈍化したと言われつつも、4期連続のプラス成長と依然として
好調を維持するパチスロ機市場が市場全体を下支えしたと推察している。

また、2012年度の周辺設備機器市場規模も前年度比107.4%の1743億円と
前年度プラス成長を維持。引き続きホールでの業績が好調なパチスロ機部門の
影響が大きいものの、新規出店が2010年度の水準まで回復したことから、
パチスロ機部門に関連する設備機器だけでなく、ホールコンピューター、
景品POSを除くすべての設備機器が前年度プラスの業績となっている。
しかし、今後新規出店数が急激に増加するとは考えられないことから、
同社では今後も横ばい程度の推移が続くと予測している。

 同サマリーでは、今年度以降はパチスロ機販売台数も含め、
パチスロ関連設備の需要が減退するなど、この数年間、低迷するホール業績を支えた
パチスロ機部門が縮小基調に突入すると見ており、業績低迷に下げ止まる様子が
見られないパチンコ機部門とあわせて、パチンコ関連機器市場は今後さらに厳しくなると予測。
「今年度以降、パチンコ関連機器市場は大きな転機を迎える可能性がある」との見方を示している。

http://www.adcircle.co.jp/greenbelt/news/contents/5999.html
続きを読む

1:2013/10/06(日) 09:18:55.93 ID:
お笑いタレントの桜塚やっくんこと斉藤恭央さんが(37)が中国自動車を車で走行中、
事故に遭い、亡くなったことを5日、山口県警が発表した。
県警によると、やっくんは単独事故を起こし、車を降りたところを後続車にはねられた。

事故が起こったのは5日午後4時50分ごろ、山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線。

県警によると、やっくんはワンボックスカーで仲間5人と下り線を走行中、
単独で中央分離帯に衝突する事故を起こした。車は追い越し車線に止まったが、
やっくんともう1人が路上に降りたところ、別々の後続車にはねられ死亡した。
1台は普通乗用車、もう1台は普通貨物。どっちがどっちをはねたかは捜査中という。

やっくんは病院に搬送され、死亡が確認された。死因は心臓破裂という。
もう1人は即死状態だったため病院にも搬送されず、県警で医師が死亡を確認した。
死因は外傷性ショックという。

コンサートに出るため熊本県に向かう途中だった。

ほかに男性3人が乗っており、うち2人が胸や肩の痛みを訴え病院へ搬送された。
意識はあり、会話ができる状態という。

現場は美祢インターチェンジ(IC)‐美祢西IC間の右カーブ。

桜塚やっくんは日本テレビ系のバラエティー番組「エンタの神様」で
“スケバン恐子”のキャラクターで人気者に。「がっかりだよ!!」の決めゼリフが話題を集めた。

ソース:デイリースポーツ(10月5日(土)22時59分配信)
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/05/0006397268.shtml
画像:事故で死亡した、桜塚やっくんこと斉藤恭央さん


前スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1381001267/
(★1がたった時間:2013/10/05(土) 23:00:34)
続きを読む