かん・ちゅう・あじあ2ちゃんまとめにゅーす:その他 - livedoor Blog(ブログ)

その他

1:2013/10/23(水) 12:32:11.87 0 ID:



韓国・聯合ニュースが同国外交筋の話として22日伝えたところによれば、
米国はこのほど、韓国野党の議員、鄭宗来氏への訪米ビザ発給を拒否した。
鄭議員がかつて、韓国にある米国大使館に抗議するデモに参加し、
逮捕されていたことが原因との見方も出ている。中国・北京晨報が23日伝えた。

報道によれば鄭議員は韓国の駐米大使館で
毎年行われている会議や外交活動のために渡米を計画していた。

米政府が韓国の議員に対する公務ビザの発給を拒否するケースは非常に少ない。
米政府関係者は取材に対して、
「法律に基づいて査証記録は秘密となっており、個別のケースについてコメントはできない」
と説明した。

消息筋によると、鄭議員は1989年、
韓国にある米国大使館に抗議する活動に参加して過激な行動をとり、
韓国警察に逮捕された経歴を持つ。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/363438/









反日デモに参加した日本人議員は国外追放とかw
続きを読む

1:2013/10/22(火) 21:04:53.50 ID:
★米TV番組での「中国人を皆殺し」発言に華人が猛反発―中国メディア
2013年10月22日

米国の人気番組に招かれた子どもが、米国が抱える中国への巨額の借金をどうすれば
完済できるかと聞かれ、「中国人を皆殺しにすればいい」と発言したことを受け、
華人が猛反発している。22日付で中国紙・人民日報海外版の公式サイト・海外網が伝えた。

現地時間の16日、米ABCの人気トーク・ライブ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に
招かれた4人の子どもが「子ども円卓会議」を開いた。司会のジミー・キンメルが
「米政府が中国に借りている1兆3000億ドルはどうすれば返せる?」と問いかけると、
1人の子どもが「地球の向こう側に回って中国人を皆殺しにすればいい!」と叫んだ。

「中国人を皆殺しにしようとすれば、中国人も私たちを皆殺しにしようとするよ」と
別の1人が発言すると、「先に中国人を皆殺しにしてしまえば、やつらが僕らを皆殺しに
することはできないよ!」と返した。このほか、「中国を高い壁で囲んでしまえば、
借金を取り立てに来るのを防げる」という子どももいた。

これに多くの華人が不満と怒りを爆発させている。19日、北大未名BBSにホワイトハウスや
「Change.org」などの署名サイト、米国のアジア系国会議員や米ABC幹部、
現地議員らのメールアドレスが列挙され、「華人よ団結せよ、皆で抗議のメールを送り、
米ABCと番組をボイコットし、民族主義的な言論に対する断固としたボイコットを
表明しよう」と呼びかけられた。

これがフェイスブックや中国のSNS最大手「人人網」など多くのSNSに転載され、
多くの人が賛同している。ホワイトハウスの署名サイトに寄せられた署名は4000人に
迫る勢い。華人たちは「声を挙げること」で、類似事件の再発を防止したい考えだ。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/363289/
続きを読む

1:2013/10/20(日) 07:07:25.29 ID:
豪外相「日本は軍国主義に向かわない」、集団的自衛権行使の支持を表明―韓国


2013年10月17日、韓国を訪問中のオーストラリアのジュリー・ビショップ外相は、日本の集団的自衛権の
行使問題について、「日本は軍国主義に向かわず、アジア・太平洋地域や世界の平和と安全に対し
積極的な貢献をするだろう」と語った。韓国紙・朝鮮日報が18日付で伝えた。

ビショップ外相は15日、東京で記者会見を行った際にも「日本がもし集団的自衛権を行使することになれば、
世界各地の活動の中で重要な役割を発揮することになるだろう」と語り、日本を支持する考えを表明していた。

また、韓国とオーストラリアが話し合いを進めている自由貿易協定(FTA)については、「投資家・国家訴訟制度
(ISD)と農産品分野に関する意見の違いが徐々に縮小してきている」との見方を示した。

さらに、「オーストラリアは北朝鮮に対する政策を含めて韓国の立場を支持する」と表明し、両国は経済や教育
などの分野で緊密な関係を構築している以外に、国防や安全保障などさらに多くの分野でも協力を強化
できると語った。

オーストラリアにとって、韓国は3番目の輸出対象国であるだけでなく、オーストラリアには韓国人学生2万3000人が
留学中で、韓国人観光客も増加している。また、今年7月には両国の外交・国防担当閣僚による(2+2)会議を
開催し、北朝鮮の核保有を認めないことを確認しており、安全保障上の問題を含めて今後さらに協力を強化して
いくことを話し合っている。(翻訳・編集/HA)


レコードチャイナ: 2013年10月19日 13時41分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78087&type=

関連スレ
【韓国】民主・キム代表「集団的自衛権は日本国民の為にもならない」★2[10/19]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382197428/
【神戸新聞】「日本国民は集団的自衛権行使に否定的。憲法で戦争しない国を守る」大阪市大の朴一教授、部落解放集会で護憲講演[10/19]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382185354/
【韓国】「今や韓米同盟は姿を消し日米同盟が主軸」在米韓国大使館・国連代表部、日本の集団的自衛権阻止失敗で批判の的に[10/19]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382149988/
ほか
続きを読む

1:2013/10/16(水) 19:10:40.48 ID:
8日にアメリカで新ドル紙幣が発行された。偽造防止のため特別な印刷技術が施された新紙幣は
印刷トラブルなどにより予定から2年遅れて流通がはじまった。アメリカでは偽造を防ぐ目的で、
1ドル紙幣と2ドル紙幣を除く全紙幣が過去10年の間にデザイン刷新されている。

米連邦準備制度理事会(FRB)がセキュリティに絶対的自信を持つ今回の100ドル紙幣には様々な注目が集まっている。

ベンジャミン・フランクリンの肖像画は旧紙幣と同じだが、新たに中央に配置された青い「3Dセキュリティリボン」と、
見る角度によって色が変わる「自由の鐘」の図柄には数十万個のマイクロレンズが織り込まれており、
米造幣局長のラリー・フェリックス氏も「米国がこれまでに製造してきたなかでもっとも複雑な紙幣だ」と語っている。

100ドル紙幣は1ドル紙幣に次いで流通量が多いが、その2/3以上がアメリカ国外に存在するという奇妙な紙幣だった。
米国内の商店などでは100ドル紙幣は物珍しさや偽造を疑われて使用できないことも多い。

また、国際的な犯罪組織による麻薬密売などの違法取引に使われてきた経緯があり、
北朝鮮製「スーパーノート」など大規模な偽造のターゲットになりやすく、実際にドル紙幣でもっとも偽造されているという。

そんないわくつきの新100ドル紙幣だが、米国内では早くも陰謀めいたある噂が流れている。

これまでもドル紙幣には秘密結社フリーメーソンやイルミナティの痕跡があるといった都市伝説は広まっていたが、
今回の100ドル紙幣の新デザインには、「アメリカに迫る2つの危機」が暗示されているというのだ。

新100ドル紙幣を折り曲げると、2つの奇妙な図柄が浮かび上がる。

ひとつは、ニューヨークのビル群を襲う津波だ。米国全土が巨大に飲み込まれる有名パニック映画でも似たようなシーンがあるが
並べて比較するとわかりやすい。そしてもうひとつは、発射された核ミサイルらしき図柄だ。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw803788

続きを読む

1:2013/10/09(水) 01:13:45.34 ID:
 ロシアのプーチン大統領は訪問先のインドネシアで、「日本との平和条約締結に向けて作業をする条件ができつつある」と述べ、
領土交渉を前進させることに意欲を示しました。

 ロシアのプーチン大統領は8日、インドネシアのバリ島でAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議に出席したあと、
会見しました。

 プーチン大統領は7日、安倍総理大臣と、ことし4回目となる首脳会談を行い、これについてロシア側の記者が質問したところ、
「日ロ両国は間違いなく良好な関係にある」と述べ、エネルギーを中心に多くの分野で経済協力が進んでいると評価しました。

 そのうえで「平和条約締結に向けて、ただ夢みるだけでなく、現実的な計画に基づいて作業をする条件ができつつある」と述べ、
北方領土問題の解決に向けた交渉を前進させることに意欲を示しました。

 そして「平和条約の締結に近づくためには、互いに敵視するのではなく、友人として見ることが必要で、日本となら必ずできる」
と述べました。

 7日に61歳の誕生日を迎えたプーチン大統領は、安倍総理大臣から贈られたという日本酒をモスクワへ持ち帰ると述べるなど
良好な関係をアピールしていました。

ソース(NHKニュース) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131009/k10015138951000.html
続きを読む